冬は保湿が第一!もっちり肌を手に入れる13のスキンケアテクニック

冬は保湿が第一!もっちり肌を手に入れる13のスキンケアテクニック

保湿は肌への思いやりが大切

肌の潤いをキープする数々の基礎化粧品。乾燥がひどくなる冬は、それらをただ塗るだけでなく、「どう使いこなすか」が重要になってきます。さらに、スキンケア時にひと手間加えることや、肌への優しい気遣いも忘れてはいけません。そこで今回は、比較的カンタンに実践できる、効果的な13の保湿テクニックをご紹介。朝~夜のスキンケアを通して、乾燥に負けないパーフェクトなうるみ肌を手に入れましょう!

朝のスキンケア

洗顔はぬるま湯で

底冷えする冬の朝。気持ちいいからと、熱いお湯で洗顔するのはNGです。肌に刺激を与えるだけでなく、必要な油分までも取り去ってしまうことに…。冷た過ぎず熱過ぎない、ぬるま湯で洗顔するようにしましょう。

化粧水は丁寧に塗る

洗顔後の化粧水は、つい「ちゃちゃっと」済ませがち。しっかりコットンや手のひらに取り、肌に馴染ませることが大切です。可能であれば、たっぷり化粧水を含ませてコットンパックするのも◎。

ハンドプレスでしっとり肌に

化粧水を塗った後は、手のひら全体で顔を覆って優しくプレス!このひと手間で、同じ化粧水でも日中のしっとり感が変わってきます。

化粧下地に乳液を混ぜてみる

「ファンデーションを塗ると、どうしても肌がカサついてしまう…」という方は、化粧下地に保湿効果のある乳液をプラス。ムラにならないよう、しっかりと混ぜてから塗っていきましょう。さらに乾燥が気になる場合は、クリームやバームを少量加えるという方法も。

日中のスキンケア

保湿成分入り美容液で潤いチャージ!

肌の水分を奪ってしまうのは、屋外の冷たい風だけではありません。オフィスなどの屋内暖房も、肌を乾燥させる原因となります。カサカサしてきたと思ったら、保湿成分の入った美容液などを手に取り、気になる部分に優しくオン。メイクが崩れないよう、軽く押さえるようにするのがポイントです。

夜のスキンケア

メイク落としはミルクタイプをセレクト

オイルクレンジングやウォータリークレンジングがお好きな方も、保湿を優先したいときはミルクタイプにチェンジ。肌をこすらないよう、ソフトにメイクオフしていきましょう。

お風呂上がりはすぐに化粧水を!

乾燥を招きやすい洗顔直後の肌。少しでも早く化粧水をつけられるよう、お風呂場近くにスタンバイさせておくのもオススメです。

パックで翌朝のモチモチ肌をゲット.

一日頑張った肌に、ひたひたの潤いパックでご褒美を。シートマスクやめくれるコットンなどを使えば、お手軽に化粧水パックができますよ。

個人推薦的急救保濕面膜推薦DermaElements蝸牛生物纖維面膜!蝸牛分泌出嘅黏液擁有強大自身修復能力,會響受損嘅肌膚形成一層保濕防護膜,修復受傷既脆弱組織, 同時對抗發炎!

実は侮れない“重ね塗り”

気になる部分は重点的に

目尻や口元など、特にカサつきやすい部分には、専用のポイントクリームを活用。スティックタイプのバームなども、使い勝手が良くて一押しです。

ちょっとしたケアテクニックで寒い冬を乗り切ろう

いかがでしたか?肌の油分と水分が減ってしまう冬。基礎化粧品を工夫して使いながら、洗顔やクレンジングも、ポイントを押さえて行っていくことが重要です。せひ参考にしていただき、今年の冬は、乾燥知らずのしっとり肌を維持しましょう!

この記事へのコメント